スマホを売る際に注意すること|iPhone5sに使用できるケースをタイプ別で比較

安全にスマホを売るには買取専門業者に依頼する

スマホを買い換えるときは

スマホはどんどん新しいものが出るため、その都度買い換える方も多くいます。買い替えの際に今まで使用していたスマホを買取りに出す方もいますが、買取りに出すメリットとはどのようなものがあるのでしょうか。また、買取りに出す際に注意するべきポイントについてもご説明します。

スマホを買取に出すメリットは?

処分するよりも安全でお金も手に入る

スマホはさまざまな機能がついて便利になってきましたが、その分とても高価なものになっています。そのため中古ショップでスマホを購入する方も増え、中古ショップでの買取値段も高くなっています。また、専門の買取業者ならきちんとデータも削除してくれるので安全にスマホを処分することができ、売った分の収入を得ることができるというメリットがあります。

スマホを売る際に注意すること

携帯電話

スマホはデータ初期化が必須

スマホを買取りに出す際は、必ず今までのデータを削除し初期化しなければなりません。この初期化を行わないと個人情報やさまざまな大事なデータが流出してしまう恐れがあるからです。初期化方法がわからないからといって他人や買取スタッフにお願いしても情報が流出する可能性もあるので初期化は必ず自分で行いましょう。

カード類を抜く

スマホにはSDカードやSIMカードなどが入っています。本体のサイドや電池裏など、端末によって入っている箇所が異なるのできちんと探して抜くようにしましょう。スマホ本体のデータ初期化が完了してもこのようなカード類を抜いていないと完全にデータが流出してしまう原因にもなってしまうのできちんと確認することが大切です。
また、SDカードには写真などのデータを入れることができるので、保存しておきたいものがある場合はこのSDカードを利用してデータを自宅のPCや次に購入するスマホに移しておくと良いでしょう。

完璧に個人情報を守るなら

スマホの個人情報を削除するために初期化を行うと説明させていただきましたが、この初期化は見える部分のみの初期化が完了しただけで、専用のソフトを使用すれば簡単に復元できてしまいます。そのため、スマホを買取りに出すなら専門の買取業者に依頼することが大切です。スマホ買取専門業者なら、専用のソフトを使用して簡単にデータを復元できないように削除してくれます。そのような業者に依頼することで個人情報が流出してしまうことを防ぐことができ、安心して買取に出すことができます。